家賃10万円の賃貸だと年収はどの位あれば安心?

月の家賃を10万円に設定しようとした場合、年収いくらぐらいだと安心して生活できるでしょうか? 例え高くて良い場所に住んでいたとしても、日々の生活が質素すぎては人生損してしまうかもしれませんよね。 そこで今回は家賃10万円の物件に住んで生活していけるのは年収何万円からなのかご紹介します。

1.最低360万は欲しいところ

10万円の家賃が提示されている物件なら、ある程度立地条件が良かったり、広さや部屋の状態が良かったり等安心して住む事が出来るものが多いでしょう。 都心はともかくとして地方ならば家賃10万も払えば素敵な物件に住む事も可能です。 しかし、一般の人達にとって月10万の家賃はなかなかに大金と言えます。 月10万円払っても生活がカツカツにならず、余裕をもって生活していくならば、最低でも年収360万円は欲しいところです。 ただしこれは独り身だったり、夫婦で暮らしていても子供がいないか、いたとしても一人程度の場合。 家族を養いながら貯金もし、時には家族で外食したりレジャーを楽しんだりなどの余裕を持たせたいと考えた場合は更に年収の上乗せが必要と言えます。 その物件が気に入ったからと言って、出せるギリギリのラインで家賃設定をしてしまうと、給料日前にはいつも溜息をついてしまう事になりかねません。 仕事だけではなく遊びに家族サービスにと、人生を楽しみたいと思うのであれば、住む場所にこだわりすぎて毎月定期的に出て行ってしまう金額を無理の無いように設定する事が大事と言えるでしょう。

2.月の手取りで言えば30万円あると良い

一般的に家賃は最悪でも給料の1/3に抑えておくことが重要と言われており、今回の家賃10万円で言えば月の手取り30万円がそれにあたります。 ですがこれでは、節約しながら普通に生活していくだけで精いっぱいとなってしまう事が多くなります。 出来ればプラス5万円位の収入があると、月に10万円の家賃を払っていても少し余裕がある生活が出来るかもしれません。 月10万円の物件に住んでいるからにはそれなりの理由もあるかもしれませんが、毎月どうしても出て行く固定費は安ければ安い程良いと言えます。 手取り30万円なら残り20万円あると思うかもしれませんが、ここから更に月の固定費の一つでもある携帯代などを差し引き、毎月決まった額の貯金をしてしまえば、夫婦や家族で暮らしている場合に残りはわずかとなってしまう事でしょう。 また、家賃がもっと安ければ将来に向けての貯金も毎月万単位で違います。 今一人暮らしで手取り30万円で暮らしていてやっていけても、将来に向けての貯蓄などは多ければ多い程良いと言えます。 月10万の家賃でギリギリやっていける程度の年収であればもっと家賃の低い所を探す方が長い目で見て良い場合も多々あります。

3.余裕を持って家賃設定するなら給料の四分の一以下

家賃を払っても余裕がある程度に設定するなら、家賃は給料の四分の一以下がオススメと言えます。 この理屈でいくと月10万円の家賃の物件に住むのに適しているのは年収400万円以上の人という事になります。 新しい家族も増え、会社でも昇進したり長年働いた事による昇給などで手取りが増えた年代の人などは月10万円払えばある程度の広さの間取りを持った物件に住むのに適しているのかもしれません。 手取り30万円の人に比べると月10万の家賃を払っても多少は余裕があります。 しかし子供がいてこれから大きくなっていくといった場合には、将来の事を見越してマイホームを建てる資金の事を考えて貯金したり、子供の教育費の事も考えなければならないので、やはりある程度の節約は余儀なくされそうですね。

4.部屋をとるか他をとるかを考える

毎月固定費として家賃が10万円引かれていき、残ったお金でやりくりしなければならない賃貸生活は、なかなかお金が貯まらないとぼやく人も多く存在する居住スタイルです。 広くて部屋が複数あって立地条件が良く、出来るだけ快適な生活を送りたいと思うのはやまやまですが、住む部屋の家賃設定を少し抑えてその分を自分への投資に回したりする事で将来が開ける場合だってあります。 住む部屋をとるか他をとるかはその人の価値観にもよりますが、無駄(?)に出ていく固定費を抑える事で次につながる「何か」がある場合もあります。 部屋選びの際には家賃の事をよく考える事が重要と言えそうです。 地方在住の場合は家賃を月々10万円払うよりも、一戸建てを購入した時に一カ月に払うローンの方が安い場合も多いです。 きちんと将来設計を立てながらお金を使用する事で生活がより豊かに出来る可能性も捨てきれないのです。

自分の収入に合った家賃にしよう

自分の収入に見合った家賃の物件を選ぶ事で毎月カツカツ…といった事態を防ぐ事が可能ですが、将来に向けての貯蓄や日々豊かな気持ちで暮らしていく事を考えると、ある程度余裕をもった家賃設定が大切と言えそうです。 家賃10万円の物件に住んでいたとしても、お得な物件は無いか時々チェックするのがオススメです。

家関連情報(外部サイト)