トイレをリノベーションする時のポイント。トイレのタイプやリノベーション範囲を検討しよう

私たちが快適な生活を送るのに、なくてはならない場所がトイレです。 トイレがキレイで心地良いと気分も弾みますし、逆に汚れていて居心地が悪いとどんよりとした気分になります。 単なる汚れなら掃除することによって対処出来ますが、より快適に過ごしたい場合はリノベーションすることになります。 ではリノベーションする場合、どこに気を付けていけば良いのでしょうか。

1.トイレの現状を確認する

まず、トイレの現状を把握することから始めましょう。 現状とはトイレの広さ、大きさを指します。 今現在タンク付きトイレを使用しているとして、最新型のタンクレストイレに交換したい場合、手洗いをどうするのかという問題が出てきます。 トイレ内に手洗いを設置したいとして、スペース的にそれが可能かどうかの判断材料となります。 可能である場合でも手洗いの場所によっては給排水管の取付工事が必要になることもあり、見積書を検討する際のポイントになります。

2.トイレのタイプを決める

トイレにはタンク付きタイプ、手洗い付きタイプ、タンクレスタイプ、一体型タイプなどがあります。 タンク付きや手洗い付きタイプの良い点としては場所を取らない、停電時でもタンク内の水を利用出来る、便器が傷んでいなければウォシュレットだけ交換して使い続けることが出来るなどがあります。 タンクレスタイプは(手洗いを考慮しなければ)場所を取らない、オシャレ、汚れにくい材質や形状となっているなどでしょうか。 一体型は便器とウォシュレットが一体となっているタイプで、デザインや機能も充実しています。 上記の内タンクレスと一体型の弱点としては、故障が起きたとしてもウォシュレットのみを交換するということが出来ないところでしょうか。

3.最新型のトイレの優れているところを知る

では、最新型のトイレはどこが優れているのでしょうか。 メーカーやタイプが違っても、共通して改良されてきているポイントはその節水性能にあります。 少ない水量を効率的に流すので、水道代が少なくて済みます。 トイレのリノベーションを行った後、水道代がどの程度変わったのかチェックしてみると面白いかもしれません。 またメーカー各社が力を入れているだろうポイントは、掃除のし易さです。 ・汚れが付きにくい、洗い流しやすい素材を使用する ・掃除しやすい形状 掃除しやすい最大のポイントは便器の縁の部分だと思いますが、従来のタイプは深くえぐれていてとても掃除がしにくい形状でした。 最新型はこのえぐれが浅い、えぐれそのものがないタイプが主流となってきています。 常に清潔にしておきたいトイレにとって、とても大切なポイントではないでしょうか。

4.リノベーションの範囲を決める

トイレが決まったら、次は内装をどうするのかですね。 トイレを交換したら10年位は使用するとして、内装を替える1つの機会ではあります。 トイレはどうしても水を使うので、カビや水はねに強い素材を選びたいものです。 消臭性能があるクロスであれば快適ですし、汚れをサッと拭けば落ちるものなら掃除も楽ですね。 小さなお子様も使用するのであれば、トイレの壁の一定の高さまでをパネル貼りにすることで水はねによるカビを防ぐことが出来ます。 床材はクッションフロアなら費用的にも掃除も楽で柄も豊富、最もポピュラーな素材です。 クッションフロア以外の素材としては、セラミックタイルがあります。 価格はクッションフロアよりも割高になりますが、耐久性に優れ高級感があります。

5.手すり、握りバーを設置する

トイレの壁のクロスを貼り替えるなら、是非検討したいのが握りバーの設置です。 握りバーを取り付ける場合、壁に下地があることが必要ですが、クロスの貼り替えと同時にやるなら効率的に工事出来ます。 トイレの交換は、一度行うと故障でもない限り10年以上は行いません。 将来を見据えて握りバーを設置しておけばいざという時に役立ちますし、安心ではないでしょうか。

6.トイレのリノベーションは補助金を利用出来るケースがある

多くの自治体では、住宅のバリアフリー化や手すり設置などの工事に対して補助金を支給しています。 トイレの場合だと段差解消(バリアフリー)、手すりや握りバーの設置、和式トイレから洋式トイレへのリフォームなどが対象になります。 「地元の事業者による工事であること」などの条件がつくことが多いでしょうが、利用出来るかどうか、業者に確認しておくことをオススメします。 可能な場合事前に申請が必要であり、認可を受けてからの工事となります。 この他「介護保険による補助金」「固定資産税の減額」も利用出来る場合があります。 いずれも年齢や介護保険の認定などの条件を満たしていることが必要ですので、確認しておきたいところです。

トイレをリノベーションしよう

トイレをリノベーションする際のポイントとして、現状のトイレの状況を把握すること、どういうトイレにしてどの範囲をリノベーションしたいのかを明確にすること、将来を見据えて+αの工事も有効であること、補助金や税制上の優遇措置を受けられる場合があることを見てきました。 リノベーションには時間も費用もかかります。 トイレという大切な空間を、より快適にしていきましょう。

家関連情報(外部サイト)