賃貸の費用は家賃だけじゃない。賃貸契約でかかる費用まとめ

賃貸物件を契約する際、家賃だけでなく敷金礼金や仲介手数料など、さまざまな費用が必要となります。 しかし、その項目数や金額は、地域や不動産管理会社によってまちまちです。 そこで今回は、これから引っ越しと考えている方に、賃貸を契約する際にかかる費用項目についてご紹介します。

1.敷金礼金

賃貸物件を契約するとき、初期費用としてもっとも金額が高いのは、敷金礼金でしょう。 敷金とは、入居者が家賃を滞納した場合や部屋を著しく損傷した場合などに充当するためのお金で、退去時に全額あるいは一部が返却されます。 一方、礼金とは関東地方で残っている賃貸借契約における商習慣で、大家さんへの謝意を示すためのお金です。 こちらは退去時でも戻ってきません。 また、京都をのぞく関西地方では敷金は保証金と呼ばれることが一般的で、礼金のことを敷引と呼ぶ場合もあります。 相場としては、敷金が家賃の1〜2ヶ月分、礼金は家賃の1ヶ月分であることが多く、敷金2礼金2という物件も多く見られます。 ただし、近年不景気と人口減少のために敷金礼金の金額は低下傾向にあり、敷金礼金ゼロという物件も見られるようになっています。 長期間入居者が決まらない物件などで、家賃を値引く代わりに敷金礼金をゼロにしているケースが多く、とくに事故物件というわけではありません。 不動産サイトなどで、敷金礼金ゼロ物件の特集を組んでいることも多いので、初期費用を抑えたいという方は、敷金礼金ゼロの物件から探してみると良いでしょう。

2.仲介手数料

賃貸物件を契約する際、その物件のオーナー(大家さん)と直接交渉して契約するということは滅多にありません。 入居希望者は、インターネットなどで公開されている不動産情報を見て、不動産管理会社の店舗に足を運ぶことがほとんどでしょう。 不動産管理会社は大家さんと入居希望者を結ぶ仲介業者の役割を担っており、契約が成立した場合は、仲介手数料を請求します。 仲介手数料の相場は、家賃の1ヶ月分であることはほとんどです。 不動産管理会社は、契約者と大家さんの双方から同額の仲介手数料をもらっています。 ときどき、仲介手数料ゼロを売り文句にしている不動産管理会社を見かけますが、この場合は、仲介手数料は大家さんから多くもらうなどして、契約者の仲介手数料を減額しています。 同じ賃貸物件でも、複数の不動産管理会社が紹介しているケースがありますので、仲介手数料がもっとも安い会社を選んで交渉するといいでしょう。

3.火災保険料

賃貸物件といえど、住宅にかかる火災保険は加入すべきです。 大半の不動産管理会社では、強制的に保険加入に入らされることが多いのですが、保険加入が必須でない場合でも、ぜひ加入してください。 賃貸物件の場合、家屋自体は所有していないため、保険目的は家財となります。 自分の不始末が原因で火事を起こしてしまい、他人の家財を損傷してしまった場合にも、保険金がおります。 また、水濡れや盗難についてもカバーしていることがあります。 最近では、火災保険に付帯して地震保険に入る方も多くなります。 火災保険は一般的に2年契約が多く、2年間の保険料2万円程度を、入居契約時に一括で支払います。

4.保証会社にかかる費用

一般的に賃貸借契約の際に必要な保証人や連帯保証人は、入居者の親や兄弟など、親族がなることがほとんどですが、適当な保証人がいない場合は、保証会社を立てることができます。 万一、入居者が家賃を滞納した場合に、保証会社が代位弁済するということです。 保証会社を保証人の代わりに立てる場合は審査が必要になるほか、保証料を支払わなければなりません。 保証料は不動産管理会社や保証会社によって異なりますが、家賃の半月分や1ヶ月分、あるいは定額で1万〜5万円ほどの場合もあります。 最近では、家賃滞納のリスクを抑えるために、保証会社に加入必須の物件もあります。 この場合は、敷金が無料だったりしますので、よく不動産情報の記載を読んで、もっともおトクな物件を選びましょう。

5.日割りの家賃

契約日が月の半ばである場合は、その日以降の日割り家賃を契約にかかる費用とともに支払います。 契約日と実際の入居日に隔たりがある場合は、入居日からの家賃支払いにできないか、担当者に相談してみてください。 また、入居して最初の月の家賃は、銀行引き落としやクレジットカード払いの手続きが間に合わないため、現金や銀行振り込みを求められることがあります。

賃貸にかかる費用は家賃だけじゃない

賃貸を契約する際にかかる費用項目についてご紹介しました。 これ以外にも、引っ越し業者にかかる費用や家具電化製品をそろえるための費用など、賃貸物件に引っ越すためには、さまざまな費用がかかります。 思わぬ出費で予算が底をついてしまわないよう、じゅうぶんに知識を身につけて、時間とサイフに余裕をもって引っ越しをしましょう。

家関連情報(外部サイト)