アパート・マンション退去時にトラブルになること。揉め事を回避しよう

アパート退去時には必ずと言っていいほど、敷金の返還などのお金の面での問題で借主と貸主と不動産会社の間でもめ事が起きてしまうものです。 そのため国土交通省によってガイドラインまで制定されているほどです。

1.借主負担なのか貸主負担なのかの双方の認識の違いによるトラブル

細かな部分において、お互いの認識がずれていることが原因でトラブルとなることが多いです。 このような時には、前述の国土交通省によるガイドラインに両者が従うことになります。 例えば年数が経過すれば仕方のないことだとされる経年劣化や、通常通りに使っていて発生してしまう損耗は、貸主が負担すると定められています。 そのため借主がアパートを退去する時にこれらの費用を負担する必要はありません。 もしこういった場合でも費用の負担を求められた場合には、消費者生活センターや役所などといった行政に一度、話を持って行って相談にのってもらうことをオススメします。

2.認識が異なりやすい具体例

因みに壁にポスターを貼った時や絵画を飾った時に発生した跡は、貸主の負担です。 これらは通常通りの使用だと判断されるということです。 他にも家具を設置したことによるカーペットのへこみや日照による畳とクロスの変色も同様です。 逆に借主の責任で発生してしまった汚れ、キズの費用は借主の負担となってしまいます。 他にも故障や不具合などを放置したことが原因で発生したり拡大してしまった被害も、借主の負担となってしまいます。 これらの具体例を一部上げると、タバコの不始末によって焼き焦げてしまった畳や、引っ越し作業時に生じたキズ、結露の放置が原因のカビやシミなどです。 特に引っ越し作業時に生じたキズによるトラブルは本当に多いです。 信頼できる引っ越し業者を選ぶことが重要になります。 そして万が一、キズができてしまった時には引っ越し業者にしっかり負担してもらえるような体制にしておくことが大切です。

3.床のクロスに関することがややこしいため頻繁にトラブルに

例えばクロスの一部を借主が誤って傷付けてしまったとします。 この部分の修理に関する費用は当然、借主の負担となります。 ここまでは言うまでもないことなので、トラブルにはなりません。 しかしこれだけでは実は他の古い部分とは色がどうしても異なってしまいます。 そのような状態で次の人に貸すことはできません。 そのため色合わせをするという目的で、部屋のクロス全体を補修することとなります。 ここでトラブルが起きるということです。 どちらがこの全体の補修にかかる費用を負担するのかという問題です。

4.床のクロスに関するトラブルについての答え

しかしこれもしっかりと国によって定められています。 借主は自分が傷付けてしまった部分にかかる費用だけを負担すれば大丈夫です。 しかし中には悪徳不動産会社もいます。 この知識がない借主から全ての費用をとってしまおうとします。 こういったことに騙されてしまわないためにも、予めアパート退去時のことに関しての知識を得ておいて下さい。 マイホームの購入の時なども同じですが、全く知識がないとカモにされてしまって、絶対的に不利です。 このような状況をつくらないようにして下さい。

5.一番揉めるのはやはり特約に関すること

国のガイドラインでは貸主の負担であるとされていることであっても、賃貸契約をする際に借主が負担するという特約を結んでしまっていると、借主が負担しなければなりません。 賃貸契約をする時と、アパート退去時ではかなりの期間がある場合が大半です。 そのため特約のことなど忘れてしまっている場合が多いです。 また賃貸契約の時に契約書や重要事項説明を厳密に読んでチェックしていないと、この特約をしっかり把握できていない場合もあります。 そして「そんなこと聞いていない」と怒ってトラブルになるという形です。 しかしこればかりは完全に借主の負担となってしまうため、どうしようもありません。

6.特約に関する最近の傾向

最近の傾向として、不動産会社側はかなり強気になって特約を結んでこようとします。 少しでも多くのお金を借主からとることによって、貸主との関係をより長く良好なものにしておきたいからです。 中でもハウスクリーニングに関する特約は最近は本当に多いです。 そのため賃貸契約をする時に特約に関することが書かれている部分は、厳密にチェックして本当に納得できるのか十分検討するべきです。 そして納得できない場合には不動産会社と交渉して下さい。 それでも不動産会社がどうしても折れない場合には、残念ながら他の物件を探すしかありません。 最後にまとめると、やはり借主であるこちらでしっかりとトラブルに関する知識を得ておくしかありません。 私達借主は素人である一方で、不動産会社側はプロ中なプロという構図にどうしてもなってしまいます。 その絶対的に不利な状態を少しでも緩和させるためにも、面倒ではありますが勉強しておくということが必要となります。

家関連情報(外部サイト)