新社会人が東京に一人暮らしする際にベストな家賃はいくら?

今までは実家に暮らしていたけれど初めての一人暮らし。 どれくらいの家賃のマンションやアパートを選択して良いかわからない。そんな人も多いはず。 そこで今回は東京で一人暮らしをする場合、どれくらいの家賃がベストかご紹介します。

1.6万~7万円給与の3割程度

給与の3割程度が家賃にはベストだと昔から言われています。 特に不動産屋などでは通説になっているほど、3割が家賃は給与の3割が適当な額であるという事はよく言われます。 通常、普通に生活をしていくには衣食住を意識する必要があります。 生活費の中には家賃の他にも食費光熱費レジャー交際費衣類費など沢山の費用がかかります。 一般的な新社会人の初給与は大卒で18万円~20万円が一般的です。 その3割ですから6万円~6万5千円程度の物件という事になります。 食費も月に4~5万円その他光熱費が1万円程度交際費が2~3万円程度と考えると大体月に14~15万円消費することになります。 また万一のことを考え月に2~3万円貯金したいと考えると18万円~20万円使い切ることになります。 そのため新社会人の給与は3割程度に収めておく事が一般的と言えるでしょう。

2.3万5千円~4万円給与の2割程度

給与の2割に抑えるという事はかなり厳しい物件選択を迫られることになります。 2割までに抑えるという事は主に貯金を中心に考えたい人にオススメです。 2割までに抑える事ができれば月に4~5万円の貯金をすることが出来、年間で50~60万円の貯金が出来ることになります。 新社会人ともなればこれから年をとるに連れてお金は増々必要になっていきますのでその意味では堅実な考え方と言えます。 給与の2割程度の家賃となれば18~20万円の給与であれば3万5千円~4万円の家賃の物件という事になります。 東京都内でこのくらいの家賃で物件を選択しようとするとマンションはかなり選択肢が狭くなり多くはアパートやコーポのほうが多くなります。 また築年数も20年以上経過した物件が多く、もしくは駅から離れた物件間取りが狭い物件などを選択しなければならないケースも多くなります。 新社会人ともなれば貯金だけではなく周囲の仲間とのコミュニケーションも必要になる時期。 仕事後のアフターファイブの飲み会などの機会も多くなってくるでしょう。 そのため給与の2割程度の家賃の物件を選択するという事はある程度仲間とのコミュニケーションを抑えても問題がない人や付き合いが少ない職場に勤める人に向いている家賃設定と言えます。

3.8~10万円給与の4割~半分

給与の4割~半分までの家賃の物件に住める人というのはあまり多くはいません。 貯金もほとんど出来ない事が多くなるでしょうし家賃以外の項目の消費金額はかなり少なくなるでしょう。 しかしその分都内でも8~10万円の家賃の物件であれば良い物件に住めます。 そのため家にいる事が好きな人であったりとにかく友人や彼女などへの見栄を重視したい人に向いているでしょう。 都内とはいっても8~10万円出せば1Rからは卒業し2K~2DKの物件も選択肢に入ってきます。 そのため新社会人になり彼女と同棲を始めたいという人にとってもこれくらいの家賃は捻出したい所。 しかしそれだけ他の出費は抑えなくてはならない事があるのも事実。 これくらいの家賃をキープし他の生活費も一定の金額を保つにはやはり収入を上げるしかありません。 そのため8~10万円の家賃を選択するのであれば逆にそれを自分のプレッシャーとし、仕事のモチベーションに繋げられる人が向いていると言えるでしょう。 豪華な家に住むためにガムシャラに仕事を頑張るという若手ならではの意気込みで新社会人生活を送っていくのも良いのではないでしょうか。 新社会人のベストな家賃について書いてみましたがいかがでしたか?確かに新社会人ともなれば金銭的に苦しい時も多いですしなかなか思うようにお金が貯まらなかったり欲しい物が買えないという事も多いもの。 でもその少ない給料の中でどれくらい工夫して生活をしていけるかという努力の積み重ねが、後々の生活の糧になったりするものです。

自分のライフスタイルに合わせた家賃にしよう

新社会人と一言にいっても考え方は千差万別。 自分らしい生き方が出来る物件の選択や生活のリズムを少しずつ積み上げていく事が大切なのではないでしょうか。 また後々に年を取った後に思い返してもそれが良い思い出になってくるのかもしれませんね。 新社会人のうちは失敗を恐れずに次々と模索していきたいものです。 家賃をどれくらいの金額に設定するかで生活はだいぶ変わってきます。 新しい新社会人の生活がこれから楽しみですね。

家関連情報(外部サイト)