新耐震基準と旧耐震基準の違いって何?地震時の強さはどの位違うの

住まいを決める際に、重要になってくるのが建物の耐震性能。 日本は世界でも有数の地震大国ですから、どの地域でも地震への備えはしておきたいものです。 そこで今回は、本格的に物件探しをしている方なら一度は目にしたことのある「新耐震基準」と「旧耐震基準」の違いについてご紹介します。

1.大きな地震のたび、厳しくなる日本の耐震基準

日本の建築物の歴史は、大地震の歴史でもあります。 大きな地震を経験するたびに、その反省にたって法律が改正されたり、新たな耐震技術が生まれたりしてきました。 とくに1968年に発生した十勝沖地震(三陸沖北部地震)では、比較的新しい鉄筋コンクリート造りの高層住宅が多く倒壊したことから、コンクリート柱帯筋の基準が強化されました。 さらに、1978年の宮城県沖地震では家屋倒壊の被害が甚大だったために、建築基準法を大幅に改正されることとなりました。 このときに定められた基準が「新耐震基準」と呼ばれ、それ以前の基準を「旧耐震基準」として区別しています。

2.新耐震基準の定義

新耐震基準では、それまでは規定のなかった「大規模地震」について基準を定めるとともに「中規模地震」についてもいっそう厳しい基準を設けています。 すなわち、震度5〜5強程度の中規模地震に対しては、建物にほとんど損傷がないこと。 そして、震度6〜7の大規模地震が発生した際にも倒壊や崩壊せず、人命に危害を及ぼさないことを定めているのです。

3.新耐震基準はいつから?

先に記したように、建築基準法が改定されたのは1981年6月1日ですので、これ以降の建物については新耐震基準が適用されているということになります。 ただし注意しておきたいのは、新しい基準が適用されるのは、1981年6月1日以降に「着工した」物件である、ということです。 つまり、竣工日がこの日以降だったとしても、着工したのはもっと前だった可能性があります。 より建設費用のかかる新耐震基準による工事を避けるため、駆け込みで旧耐震基準が適用されるあいだに着工した物件も多くありますので、くれぐれも気をつけてください。 工事日数を十分に考慮して、1981年以降の物件を選ぶのが無難でしょう。

新耐震と旧耐震を見極める方法について

1981年6月1日以降に竣工した建物で、着工日が旧耐震にかかっているかグレーな場合、役所で調べることができます。 都道府県庁や市町村の役所に保管されている「建築確認概要書」と「建築確認台帳記載事項証明」には、その建物の建築確認日が記載されています。 竣工するのは、役所による建築確認以降ですから、竣工日がほぼ特定できます。 また、それが面倒な場合は着工日からおおよその施工日を逆算してみましょう。 インターネットなどで、類似する建物の着工から施工までを調べ、着工日からおおよその日数を引くことで、施工日がはじき出せます。

4.新耐震基準の建物は安全?

新耐震基準の規定によると、中規模地震においてはほとんど損傷がなく、大規模地震の場合でも倒壊や崩壊はしない、としていますが、どの程度の被害が生じるかは、実際に地震が来てみないとわかりません。 地震の仕組みは現在でも科学的にわかっていないことが多く、揺れ方によって家屋がどのようなダメージを受けるのか、正確に把握することは難しいからです。 例えば、阪神淡路大震災の際には、新耐震基準の建物でも、数%の物件は大破以上の被害をこうむっています。 逆に、旧耐震基準の建物だからといって、大規模地震が起きたとき、必ず倒壊するわけでもありません。 昭和初期の建物のなかには、関東大震災の教訓を踏まえて、今では信じられないほど強固に作られているビルも存在します。

5.耐震診断がされているかどうか

旧耐震基準の時期に建てられた建物が、すべて現在の耐震基準を満たしていないわけではありません。 耐震診断で新耐震基準適合証明が出ている建物は、耐震性が科学的に立証されているということになりますので、問題ありません。 また、小学校や市役所などの公共施設が、耐震基準を満たしていないので改修工事を行った、というニュースを見られたことがあるかと思いますが、耐震化することで、新耐震基準を満たしている古い建物も多く存在しています。

新耐震基準と旧耐震基準の違いを知ろう

一般の人にはなかなかわかりづらい「新耐震基準」と「旧耐震基準」の違いについてご紹介しました。 新耐震基準に適合しているからといって、必ず地震の被害を防げるわけではありません。 実際、東日本大震災では、新耐震基準と旧耐震基準の家屋とで、被害状況に大きな差異が見られなかったというデータもあるほどです。 ただし、被害のリスクを抑えられることは確かですので、なるべく新耐震基準に適合する住まいを選びましょう。

家関連情報(外部サイト)