寒い部屋でできる対策法6つ。寒い部屋で暖かく過ごそう

家にいるのに寒いということ、よくありますよね。 暖房をつけても寒い…電気代がかかる。 トイレに行くために立つのさえイヤ…など冬の部屋の悩みはつきません。 しかし毎年憂鬱になるのではなく、楽しい冬を乗り切るための対処法をご紹介します。

1.窓からの隙間風を埋める

窓に断熱シートを貼りましょう。 ホームセンターなどで手軽に購入することでき、両面テープで貼るだけという簡単な作業です。 窓の外1番下まであるサイズにするとより効果的です。 またホームセンターまで行くのが面倒であれば、100円均一などで買える隙間テープでも防ぐことはできます。 水にも強く、開け閉めの邪魔にもならないのでとても便利です。 それもする時間がないという方は家具を窓の前に持って来ましょう。 冷気を食い止めることはできます。 またその際は必ずカーテンをひいてからにしましょう。 カーテンをひくだけで室内温度は2度程度違うと言われています。 築年数の古い建物だとどうしても隙間風が入って来やすいので、工夫して快適に過ごせるようにしましょう。

2.暖かみのある色、素材を選んだ家具を置く

夏で言えば青、冬で言えばピンクやオレンジなど、視覚から入ってくる色でも人間は暖かい、寒いを判断します。 そのため冬の間は出来るだけ暖色系のものを取り入れるようにしましょう。 カーテンやカーペット、クッションカバーなど様々な家具があるので、始められる所から少しずつがオススメです。 しかし黒など重たい色にしてしまうと冬の寂しさが目立ち、暗い雰囲気になってしまう可能性もありますので気をつけましょう。 また素材もファーやボアなどを選ぶと、より暖く過ごせます。 少し高くて手が出ない…という方はウールやアクリルでもいいでしょう。 アクリルの方が手軽に購入できますが、汗など湿気が溜まりやすいので、日にあてることを忘れずに。 お手入れはマメに行いましょう。

3.キャンドルなどで暖かみのあるインテリアを用意する

北欧の冬は長く厳しいもの。 ほとんどを家の中で過ごすためキャンドルなどを用いたインテリアが主流となっています。 実際にキャンドルに火を点けてもいいかと思いますが、火事の危険もあるためLED照明などで部屋全体を暖かく演出することができます。 キャンドル型になっていても実際はLED、と言ったインテリア雑貨が数多く販売されているのでチェックしてみましょう。 また100円均一でも小さいサイズであれば販売しているので、簡単に始められるのでオススメです。 冬が終わった後でもインテリアとして楽しむことができるので、片付けずにコーディネートしてみてくださいね。

4.冷たいフローリングにジョイントマット

冬の冷たいフローリングは肌にこたえますよね。 そんな時は樹脂性でEVA樹脂で出来ているジョイントマットマットがオススメです。 カーペットとは違い、1ピースが様々なサイズであるため廊下など通る所に簡単に敷くことができます。 またお子様がいる家庭では、その後も遊び場として使用できるので無駄にすることなく使えます。 またコルク素材のマットは断熱効果があり、保温性にも優れているので、より暖かく過ごせます。

5.暖かいルームウェア

現在ではルームウェアとは思えぬほどオシャレなルームウェアが多くあります。 スウェット素材であれば快適にも過ごせます上に、最近では普段着でも使われているのでそのまま外に出ることも出来ます。 また内側がボア素材、外は伸縮性のあるスパッツ生地、しかし柄がOL風のような装いのパンツも販売されているので、ルームウェアとしてもよし、オシャレに着こなしもよしという便利なものもあります。 ルームウェアにこの値段…と躊躇してしまうかもしれませんが、オシャレに着こなすことが出来ればお得感満載ですよね。 また家にいるときでも、インナーや靴下をきちんと履けばそれだけでも暖かく過ごせます。 うっかり休日ずっとパジャマだった…なんてことにならないよう、きちんとルームウェアに着替えましょう。

6.体の中からポカポカに…生姜を使ったスープ、食べ物

冬の朝の部屋は本当に寒いですよね。 そんな朝は何より暖かいスープです。 ココア、コーンポタージュとたくさんありますが、オススメは生姜入りのスープです。 作り方は簡単で身体の中からポカポカしてくるのがわかります。 最近ではジンジャーの飲み物がたくさん出ているので、飽きずに飲み続けることができるでしょう。 また生姜が苦手な方は、食べ物からでも効果はあります。 鶏肉と混ぜたり、豆腐と食べたりしても美味しく摂取することができます。 もし生の生姜が無ければチューブでも問題ないので、オススメです。

寒い部屋でも暖かく過ごそう

このように冬の寒い部屋でも快適、かつ楽しく過ごすことができます。 インテリアもファッションも食も、冬にしかできないことがたくさんあると思うので、寒い…とネガティブにならず、たくさん色々なことを取り入れて素敵に過ごしましょう。

家関連情報(外部サイト)