ルームシェアをするメリットとデメリット8つ

今の時代ルームシェアで家を借りる人が多くなりました。 ルームシェア用の間取りで作られている物件も増えてきています。 しかし、他人と住むのですからメリットデメリットはたくさんあるでしょう。 ルームシェアって人と一緒に暮らすということはわかるのだけれどどんな暮らしになるのだろう?とあまりイメージがわかないという人も少なくはないでしょう。 そんな人たちのために今からどんなメリットデメリットがあるかご紹介します。

1.メリット:家賃が安く済む

この理由でルームシェアを始める人は多いでしょう。 家賃だけでなく公共料金や自炊する分の食費なども折半でいいのですから一人暮らしをするよりもかなり安いお金で暮らしていけるでしょう。

2.メリット:家事を分担できる

1人暮らしだと仕事や学業が忙しくて掃除が疎かになってしまったり、一人分の料理を作るのが面倒だったり洗濯物を1日分だけ回すのはもったいないので2日分、3日分を溜め込んだりという風になってしまいがちです。 ルームシェアなら忙しい時は家事をルームメイトに頼めます。 料理も1人分をつくるのは面倒だけど誰かに作ってあげると楽しいです。 逆にルームメイトが作ってくれた料理を食べられたりします。 洗濯物も溜め込む回数が減ります。 こういったことから一人暮らしより家事が楽になりますね。

3.メリット:安心感

これは女性だととても重要になってくるでしょう。 ずっと1人で家にいるとふと寂しくなったり不安になることがあります。 そんな時に誰かが同じ家にいてくれると安心感が得られます。 悩み事が出来てしまった時などでもいつでも相談できる環境だと気持ちが楽になるでしょう。 1人暮らしだと塞ぎこんでしまいがちですがこういったコミュニケーションを取るということはとても大事です。

4.メリット:物の貸し借りができる

買うほどではないけど急に必要になるものがあります。 そんな時にルームメイトがそれを持っていたら借りやすいです。 貸す方も一緒に住んでいるのだから貸したものが返ってこないという心配も少ないでしょう。 例えば借りたいものが家電などの重たいものだったとしても同じ家だと運ぶ面倒が省けて楽です。

5.デメリット:人を呼びにくい

ルームシェアをしていると友だちや恋人を呼びにくくなります。 まず、誰かを呼ぶためにはルームメイトの了承を得なければなりません。 了承を得たとしても部屋は分かれているとはいえ生活音や話し声は聞こえてしまいます。 なので家に来てくれた友だちや恋人にも気を遣わせてしまうかもしれません。

6.デメリット:ルールに縛られる

人と一緒に住むにはルールが必要になってきます。 メリットの面で家事が分担できるといいましたが、家事が苦手な人だったりルールを守るのが苦手な人には窮屈になってしまいストレスになってしまうかもしれません。 ならばルールを最小限にすれば良いとあまりきっちりとルールを作らなくて曖昧になってしまうと後からトラブルの原因になりかねません。 なのでルームシェアをするのであればルールというものにストレスを感じない人のほうが良いでしょう。

7.デメリット:プライベートがない

メリットの面で安心感が得られるといいましたが、逆にプライベートがなくなるとも考えられます。 自分が不安な時は一緒にいてくれて安心するかもしれませんが、たまには1人になりたいと思うことも人間ならばあるでしょう。 そんな時に同じ家に誰かがいては落ち着かなくてストレスになってしまうかもしれません。

8.デメリット:引っ越しをしにくい

ルームシェア専用の物件で誰かが引っ越しをしても1人分の家賃が変わらないという場合は別ですが、それ以外でルームシェアをしている人は自分が引っ越しをしたい時に引っ越しが出来ないというデメリットがあります。 1人が引っ越しをしてしまうとなると次のルームメイトが見つかるまで引っ越しをしてしまった人の分まで今までの家賃より多く払わなければいけなくなるか、新しい物件を探さなければなりません。 どちらにしても残された側からすれば急な出費になってしまいとても大変です。

ルームシェアのメリットとデメリットを知ろう

デメリットをみてみるとルームシェアは大変だとわかります。 ルームシェアのメリットとデメリットは紙一重です。 お金の節約になる、仲の良い友だちとだから大丈夫などと安易な考えで始めるのは危険です。 こうしたメリットとデメリットを知った上でルームシェアをするかどうかを決めていきましょう。

家関連情報(外部サイト)