マンション内覧会でチェックするポイントとは

購入したマンションの出来上がりを契約者が見学できる「内覧会」。 内覧会は、マンションという決して安くない買い物を入居前にチェックできるチャンスです。 ここでは、内覧会でぜひチェックしておきたいポイントをご紹介します。

1.内覧会に向けて、準備するもの

内覧会は契約者である自分が、注文通りにマイホームが施工されているかどうか、自主的に検査する催しです。 その内覧会へ行く前に、いくつか準備しておくものがあります。 まず、確認しておきたい場所やポイントについて「チェックシート」を作成し、できるだけマンションに関する知識を蓄えておきましょう。 筆記用具やカメラ、巻き尺なども欠かせません。 間取り図など、物件に関する書類もすべて持っていきましょう。 当日は、開始時間に遅れず参加し、指定されている時間をめいっぱい使って、チェック漏れがないようにしてください。

2.チェックすべき項目、まずは外回り

まず部屋に入る前に、玄関先のチェックを行いましょう。 内覧会では、施工者が先導してすぐに部屋へ入ってしまうことが多いため、外回りのチェックを見落としがちです。 共用部から続くタイルやクロスに傷や汚れがないか、ポーチがある場合は門扉の開閉をしてみて、がたつきがないかなどをチェックしてください。 また、玄関ドアの立て付けや鍵が正常に施錠できるかどうかも、確認しておきたいポイントです。

3.中に入ったら、壁紙とフローリングを確認

壁紙やフローリングは、検収の際にはちゃんとしていても、その後運送業者などが引っかけて、傷や汚れをつけてしまっているかもしれません。 すべての部屋や廊下の壁紙、フローリングを、必ず近くまで寄ってチェックしてください。 また、ドア開閉の際に異音がしないか、妙なすき間がないかなど、ドアの立て付けも確認してください。 基本的に各部屋のドアは同じ仕様のはずですので、いくつかのドアを開け比べてみて、ひとつでも開けた感触が異なれば、施工者に相談しましょう。 また、意外と大事なのは水回りです。 キッチンやトイレなど、水回りのトラブルは入居後にしばしば起きるものです。 排水溝から異臭がしないかどうか、トイレの水がちゃんと溜まっているかどうか、きちんとチェックしてください。 和室がある場合は、畳の色あせ、ささくれや襖の立て付けなども見逃せません。

4.一瞬でも感じた「違和感」を見逃さない

契約者はマンション建設のプロではありませんから、専門的な施工ミスを見抜くことはきわめて困難です。 ただ、日々生活する中でさまざまな建物を見てきているでしょうから、なにか見慣れないものが視界に入ると、一瞬の違和感を感じるはずです。 その違和感を自分の思い違いだろうと思わず、なにがおかしいのか、徹底的に精査しましょう。 例えば、シーリング照明と備え付けの戸棚が異常に近すぎる場合。 そのまま入居してしまうと照明の熱によって、最悪火事になってしまうこともあります。 マンションを施工するためには、さまざまな専門業者が出入りします。 照明を取り付ける業者と戸棚を設置する業者が別々であれば、その位置関係を気にせずに施行してしまうこともあり得ます。 また、しばしば見られるのが、外の空気を取り入れるための給気口が、家具や戸袋などで隠されている例です。 排気口がふさがっていると結露しやすくなりますが、施工の不具合と気づかないこともあるため、注意が必要です。 このように、一瞬感じた違和感を大切にし、その原因がわからなければ、正直に施工者に相談してみましょう。

5.構造については、施工者に質問する

基本的に、内覧会の時点ではほぼ施工が終わっていますので、基礎工事や耐震性能など、建物内部のことを自力で調べるのは不可能です。 床にビー玉を置いて転がるかどうか調べる、などは誰もが思い浮かべる方法ですが、仮にビー玉が転がったとしても、床材の施工ミスなのか、マンション全体の構造的な問題なのかは、判断がつきません。 ですから、マンションの構造など、直接見えない部分については、積極的に施工者に質問していきましょう。 施工者としても、引き渡したあとにクレームを入れられることは避けたいので、基本的に質問に対しては、親切に答えてくれるはずです。

マンションの内覧会へ行こう

マンションの内覧会でのチェック項目をご紹介しました。 チェックシートは、さまざまな不動産情報サイトで無料でダウンロードできるほか、書店でより詳細なハウツー本を購入することもできます。 新築マンションを購入したことで舞い上がってしまう人が多いですが、入居後に後悔しないためにも、気を引き締めて内覧会に臨んでください。

家関連情報(外部サイト)