マンションを購入するメリットまとめ

住宅購入を考えている人の中には、一戸建てかマンションかどちらを購入すべきか迷っている人もいるでしょう。 一戸建てにもマンションにもメリット、デメリットがあります。 一生の買い物ですからよく検討して自分や家族に適した物件を選びたいですね。 ここでは、マンションを購入するメリットについてご紹介します。

1.セキュリティ面が充実

オートロックのロビー、エレベーター内の監視カメラ、ダイヤルロックの郵便受けなど、空き巣や放火の心配が少なく、管理人が常駐しているところもあり安心です。 全ての窓を施錠しなければいけない一戸建てと違って、玄関の鍵一つの施錠は利便性が高く、また雨戸を閉めるといった手間も省けます。 セキュリティ会社と契約をしているため各戸にセキュリティがついている場合が多く安心できます。 また、3階以上であれば、泥棒の侵入や、台風や大雨のときの浸水などの心配もありません。 災害時の避難はしごの設置や、火災報知器の定期点検もあり安心して生活できます。

2.建物の管理やメンテナンスが不要

マンションは管理費や修繕積立費を毎月払っているため、メンテナンスは管理会社に任せられます。 一戸建ての場合、屋根や外壁、外構のフェンスなど修繕する必要が出てきますが、マンションは何もしなくてもいいので、修繕費を貯金する必要もありません。 ゴミ出し用にカギ付きの専用コンテナーを設置しているマンションが多く、24時間ゴミだしが可能なところもあります。 管理人は常駐していなくても、ゴミ出しの日のみ在駐している場合が多く、マンションの周囲や駐車場、ロビー、エレベーター、階段、廊下など共有部分の掃除をしてくれます。 マンションの植木や庭の管理もされ常にキレイな状態をキープできます。

3.立地条件がいい

マンションの多くは駅周辺に立地し、コンビニやスーパー、ドラッグストアなど生活に必要な施設が徒歩圏内にあります。 24時間営業のコンビニは早朝出勤や深夜帰宅する人の需要がとても高いです。 毎日の通勤、通学で駅を利用する人にとって、駅まで歩いて行けるということはかなり利便性が高いです。 駅周辺にはバス停があることが多いですから、バスでの移動も可能です。 マンションの隣や周辺に公園があることも多く、自然豊かな環境になり公園を通して色々な人と交流ができます。 子供からお年寄りまで、誰もが利用できる公園が近くにあるだけで穏やかな気分になれます。

4.動線が良く無駄な空間がない

フラットで動線のいい間取りが多いのがマンションです。 動線がいいので動きに無駄がなく、家事をこなす時間も早くなります。 階段がないため、階段のスペースが省かれ無駄なく空間が広がっています。 洗濯物や何かものを取りに行くために階段を上り下りすることもなく、意外と大変な階段や2階の掃除も必要ありません。 同じ平米数でマンションと2階建ての一戸建てを比較した場合、平面で使うのと立体的に使うのとでは平面で使うほうがはるかに使いやすいです。 また、水廻りなど最新設備が標準装備としてついていることが多く、機能的、デザイン的にも優れています。

5.日当たりが良く眺望がいい

南向きで日差しを遮る建物もなく日当たりがいいです。 曇りの日でも、高層階に行くと風が強くなるので風で洗濯物を乾かすことができます。 ベランダの幅が広いところが多いので、ベランダに鉢を置いてちょっとした庭をつくったり、ビニールプールを出して子供が水遊びをすることもできます。 また、気密性が高いので、日の当たるLDKは冬でもとても暖かく、左右上下に囲まれた部屋は特に光熱費が抑えられます。 中層階、高層階からの眺めが良く、都心近くなら夜景が楽しめ、花火大会の花火が見えることもあります。 学校から歩いて帰ってくる子供の様子を上から確認することもできます。

6.近所づきあいが楽

一戸建てのような面倒な近所づきあいはほとんどありません。 エレベーターや廊下などでマンションの住人と顔を合わせれば挨拶はしますが、長話になりません。 町内会費も管理費の中に入れられている場合が多いので、誰かが集金にくることもわざわざ支払うこともないです。 マンション内の回覧板も取っ手が付いた袋に入っていて、チャイムを鳴らすことなく、玄関の戸に引っ掛けるという渡し方をするところもあります。 戸数が少ないマンションでは回覧板すらなく、ロビーの掲示板に掲示がしてあるか、重要な文書は各戸郵便受けに入れられます。 最近のマンションでは、遮音性が高く玄関ポーチがつくなど独立性も確保されており、より快適になっています。

マンションのメリットは沢山ある

一戸建てと比較したときのマンションのメリットをご紹介しました。 同じ立地で同じ平米数で一戸建てより安く購入できる、住み替えが容易などマンションのメリットはたくさん挙げられます。 ご自身と家族に合った物件を見つけて快適な生活を送りたいですね。

家関連情報(外部サイト)