マンションの名義を変更する方法

離婚、同棲生活、家族トラブルなどでマンションの名義を変更しないといけない場合があります。 そこで今回は名義変更は変更する方法をご紹介します。

1.一緒に住んでいた相手との別れによる名義変更

マンションの名義は基本的住んでいる人が名義でないと行けなく、名義人を変更せず黙って住んでいると、大家や管理会社の対応にもよりますが、強制退去の可能性があります。 また最初に借りる時に名義人は住まなくて、子供などを済まわす為という理由が最初からわかっていれば名義人が住んでなくても問題ありません。 あくまでも最初に賃貸契約した人物と無関係になる人が住んでしまう場合は名義を変更しないといけないのです。 よくあるパターンで離婚はするが引っ越し費用がないからとそこに住み続け名義人はとっくに出ていったなどのケースがあります。

2.マンションの名義変更はどのようにすればい良いのか

マンションの名義を変更する場合、大家や管理会社に報告しどのような手続きになるか確認をしないといけません。 管理会社などが入っている場合は変更手続きで2万から3万程度の手数料が掛かる場合があり、それ以外に賃貸契約の最初審査同様の審査を受けないと変更できないことがあります。 大家などと直接賃貸契約をしている場合は以外と何の審査などもなくすんなり変更できる場合が多いでしょう。 大家などはどうしても住んでもらわないと家賃収入がなくなってしまうので、厳しい審査をあまりしません。 管理会社はそうとうな数の賃貸を管理しているので、基準やルールなどがはっきりしている為、融通がききません。

3.マンションの名義変更は連帯保証人の変更手続きも必要となります

離婚をしたと想定してマンションの名義変更をするとします。 その場合、旦那の親が連帯保証人になっているケースがあり、嫁がそのマンションに住み続けるにはその連帯保証人の同意も必要となります。 ほとんど離婚の場合、他人になる人の連帯保証人に同意することはなく、新しく保証人をつれて来ないといけません。 その場合は嫁の親が連帯保証人になることが多いですが、まずは嫁の審査が通らないといけません。 変更時に嫁が無収入だとかなり審査は厳しく、審査に落ちた場合は退去を求められます。 ですので名義変更をする場合は勤めを探してから名義変更することをオススメします。

4.マンションの名義変更ですんなりいくケース

名義の変更で離婚や同棲していたカップルの別れなどのトラブル関係は難しい場合が多いですが、意外とすんなりいくケースとして、住んでいる人間が身内に変わる場合はすんなりいきます。 例として兄弟の兄がそのマンションに住んいて、別なところに引っ越すから弟に住まわせるという流れが一番簡単です。 兄弟の場合、連帯保証人が同じ親というのがほとんどですし、管理会社からすると人を紹介してもらったものですので助かります。 一応審査などはありますが、仕事していてこれまでに賃貸トラブルなどなければすんなりと通ります。 しかし最近の賃貸マンションはクレジットカードでの家賃引き落としなどでちゃんと通るかなどもチェックしており、クレジットカードなどを持てない状態の時はけっこう審査に落ちる可能性もでてきます。 昔は銀行引落しが普通でしたが、出来る限り管理会社はお金のトラブルを持っていない人を入居させたいのと、入居時に特定のクレジットカード会社に申込してもらうようにすることで報酬がもらえるからです。

5.マンションの名義変更時は住宅の火保険にも再度申込をしないといけません

賃貸の契約時には必ず火災保険の申込をしないと行けませんが、名義変更する場合は再度保険に申込をしないといけません。 だいたい火災保険は1ルーム程度であれば1万ぐらいの支払いですが、3LDKぐらいの大きさになると3万近くになります。 火災保険は名義変更という手続きはなく、新規で申込みとなり再度お金を支払わないといけません。 意外と知られてませんが、マンションの名義変更されていなくても、火災保険の申込は可能です。 マンションの名義変更時はほとんどが一緒に手続きする流れになりますが、いつ火災が起こるかわかりませんので早めの手続きをしておきましょう。 広い部屋に住んでいる方で名義変更後1人になる場合は結構デメリットが多いですので、新規でワンルームを借りた方が良いかもしれません。

マンションを名義変更しよう

名義変更などは面倒臭いと思わずしっかりと手続きをしないと、後々厄介なことになります。 大家も管理会社も鬼ではないので事情を説明すると簡単に名義を変更してもらえたり、退去の日を先に延ばしてもらうことも可能ですので、マンションの名義が変更する場合は必ず相談するようにしましょう。 一番危険なのは身内での部屋の貸し借りをしている場合、何かトラブルがあるとすべて名義人の責任になりますので注意してください。

家関連情報(外部サイト)