北向きの部屋のメリットとデメリットとは。寒いけど家賃が安くなる可能性あり

北向きの部屋は暗くじめじめとした印象ですが、あらかじめ物件の下見を晴れた日の昼間などにしておく事で以外と安くて良い部屋が見つかる場合も多々あります。 今回は北向きの部屋のメリットデメリットをご紹介します。

1.冬場は風が直にあたるのでうるさい事も

住んでいる地方にもよりますが、冬場は北風が強くなる傾向にあります。 北向きの部屋は必然的に窓に北風が吹きつけてきますから部屋によっては窓が北風のせいでガタガタとうるさい場合がありますし、中には隙間風で部屋が寒くなる場合もあります。 北向きの部屋の場合、日中も日当たりが悪いので部屋の気温が上がりにくく、更に北風が吹きつけてくるので防寒対策は必須と言えます。 ただし良い物件を選択する事が出来たり、しっかりした造りの物件を選ぶ事が出来ればこのような問題も軽減されている場合があります。 部屋が北向きでもすぐ目の前に違う建物があったりする場合には風の威力も弱まる場合もあるので、その場合には隙間風の音なども少なくなるかもしれません。

2.日当たりが悪い

北向きの部屋は立地条件が悪いと他の方向に比べて本当に陽が当たらない場合があります。 近場に高い建物が無い場合にはかろうじて夕方頃に少しだけ微妙な角度から陽の光が差し込む事がありますが、それもほとんど期待できないでしょう。 日中は室内が暗めで窓から入るのは空や建物の照り返しばかりですし、ベランダや窓際で花や野菜などの植物を育てたくても向いているのは日陰向きの植物となります。 例え無理やり育てたとしても生育は悪いと思われます。 夏場などは微妙ですが、北風が吹いて乾燥する季節にはベランダで干している洗濯物は日光が差し込まない北向きの部屋でもカラッと乾いてしまう場合があります。 北向きの部屋は洗濯物が乾かないという事に悩まされるよりも、日光で得られる楽しみや室内環境が悪いといったデメリットの方がクローズアップされやすいかもしれません。

3.部屋が暗く感じる

直射日光という言葉からかけ離れている北向きの部屋は、例え日光が部屋に入ったとしても壁のほんの隅っこだけという事が多くあります。 その為部屋はいつも薄暗く、どことなく不吉な感じが漂っている事も多いでしょう。 しかし物件の造りによっては空や外の建物からの照り返しで少々明かりがとれる物件もあり、そういった所を選べばそこまで気の詰まる空間ではなくなる可能性もあります。 北向きの部屋の場合じめじめとした湿気を感じる物件もありますが、これは北向きだけに限らず、住んでいる場所や物件次第では南や東向きの部屋でも多々ある事です。 陽があまりさしこまないので、お休みの日に遅くまで寝る方やお昼寝をする方などは安眠出来てしまう可能性もあるでしょう。 物件の下見の時に、湿気や臭いなどが気にならなければ住んでみるのも良いかもしれません。

4.テレビやパソコンが見やすい

日中の昼間でも日光が入り込まない部屋は一見デメリットだらけに見えますが、メリットもあります。 日光が入り込む部屋の場合、外から入り込む強い光のせいでテレビやパソコンの画面が極めて見えにくくなってしまう場合があります。 特に画面に窓が光って見えるようなシルエットが入り込んでしまったり、テレビに映る映像が薄く見えるようになってしまうなど、日当たりが良かったり、光がよく入り込む部屋光をよく通す素材のカーテンや障子の場合はこのような事も多々あるでしょう。 北向きの部屋は外から入ってくる明るさがソフトなので、テレビやパソコンの画面も際立ちやすく見やすい事が多いのが特徴です。 そのため休みの日にパソコンを長時間使用するような人や、テレビなどを観る事が多い人には実は向いている部屋向きなのかもしれません。

5.家賃が安い

「北」というのは日本人にとってはあまり良いイメージがありません。 日照条件に加えて迷信的なイメージでもあまり良くない北向きの部屋は、日当たりが良い物件を好む人達に初めから候補外とされてしまうため需要は他の部屋向きよりも圧倒的に少なく、想定されるデメリットも多いので家賃が安いです。 想定されるデメリットは上の方で挙げた通りですが、多少我慢しても安い物件の方が良いという場合には物件選びの候補に入れてみるのも良いでしょう。 住んでみたら意外と気にならなかったといった場合もあります。 これに関しては物件選びの際によく下見などをするのがオススメです。 出歩く場合より部屋にずっといる確率の方が圧倒的に高い場合には気になる事も多いかもしれませんが、部屋に湿気がたまるなどの問題が無い場合はこんなもんかな?と思う事も多々あります。

北向きの部屋のメリットとデメリットを知ろう

北向きの部屋はメリットよりもデメリットの方が多い可能性が高い分、家賃が安いです。 快適に住むには除湿や室温調節なども必要かもしれませんが、外から入って来る光が極端に強くないので視覚に関する事柄に対してメリットがある場合があります。 物件を選ぶ際には湿気を強く感じたりしないか等に注目すると良いでしょう。

家関連情報(外部サイト)