賃貸物件の管理費って何?共益費との違いとは

賃貸物件を借りる際、家賃以外に必要な場合があるのが、管理費です。 管理費のほかに共益費が求められる物件もあり、家賃の金額だけを見ていたら、思わぬ失敗をした、という経験がある方もいるのではないでしょうか。 そもそも管理費ってなんなのか。 今回は、賃貸物件における家賃の管理費についてご紹介します。

1.管理費共益費の違い

賃貸物件の中には、家賃のほかに管理費が必要になる物件もあれば、共益費がかかる物件、さらには両方かかる物件もあるなど、賃貸契約の混乱の原因となっています。 基本的な意味の違いとしては、まず共益費とは、マンションやアパートなどの共用部分を維持管理するために必要な費用を指します。 一方の管理費とは、物件全体を維持管理するための費用ということになります。 つまり管理費のほうが意味合いが大きく、共益費に比べて漠然とした言い方と言えます。 とはいっても、不動産会社や大家によってその用法はまちまちで、このふたつの言葉は、基本的には同一のものとして扱っていいでしょう。 ではなぜ用法が安定しないのかというと、印象の問題です。 例えば、共益費と管理費、ふたつにわけた方がひとつひとつの金額が低くなるため、物件が安く見えますよね。 また、家賃と管理費共益費をわけることで、敷金礼金などの入居時の初期費用を低く抑えて、入居しやすいようにしている、というケースもあります。

2.管理費は何に使っているのか

管理費はいったい何に使っているのでしょうか。 文字通り、管理のために使っているわけですが、専有部分の管理は、あなたが自分のお金で行っているので、管理費は共用部分の管理に当てられています。 例えば、マンションの廊下やエントランスロビー、階段などの清掃です。 敷地内に樹木がある場合は、その生育にもお金がかかっています。 また、廊下に設置された蛍光灯などの交換費やエレベーターの電気代および保守管理費、機械式駐車場がある場合は駐車場の維持管理費などにもお金がかかっています。 オートロックを導入しているマンションであれば、このシステムにもお金がかかります。 セコムなどの警備会社と契約している場合も同様です。 このように、マンションやアパートの共用部分でかかっている費用を入居者で「割り勘」して払っている、というイメージを持っていただければいいでしょう。

3.管理費が高い物件、安い物件

同レベルの家賃なのに、管理費共益費が高い物件と安い物件があることに気づくでしょう。 管理費は、そのマンションアパートの管理にどれだけお金がかかっているかによって異なります。 単純に言って、上記でご説明した設備がついていない物件は安い傾向にあります。 例えば、エレベーターがついていないアパートは、エレベーター付きのマンションに比べて管理費が安いのはもちろんですが、エレベーターのついている物件同士でも、低層マンションと高層マンションとでは、エレベーターの維持管理費が異なってくるため、管理費にも影響があります。 また、一般的によく言われるのは、機械式駐車場の維持費が高いということです。 平面の駐車場に比べて、複雑な構造の機械式駐車場は電気代がかかり、補修などにもお金がかかるため、管理費が高騰する原因となっています。 その他、コンシェルジュがロビーに常駐しているなど、サービスが増えていけば、もちろん管理費は高くなります。 高級マンションでは、管理費共益費だけで1万円を超えるものもあるほどです。

4.管理費なしの理由

もちろんですが、1軒家の賃貸物件には、管理費共益費というものはありません。 あくまでも共用部分のある物件で、管理費は生じます。 アパートやマンションでも、大家さんが自分で共用部分の清掃やメンテナンスをしている場合は、管理費として徴収せず、家賃の中に含まれているというケースもあります。 そうでない物件でも、管理費や共益費の項目がないものは多くありますが、これらも基本的には共用部分の維持管理費は家賃に含まれている、と思っていいでしょう。 先述したとおり、家賃を安く見せたい、敷金礼金の額を調整したい、などの理由で、管理費共益費はあったりなかったりしているのが現状です。

5.管理費は、物件の管理のクオリティを示す指標

管理組合がしっかりしている分譲マンションなどと違い、賃貸物件における管理費共益費は、収支明細などが公開されているわけでもなく、正しく運用されているのか、チェックすることはできません。 ですが、ある程度物件の管理のクオリティを示す指標にはなるでしょう。 管理費が高い物件は、それなりに管理が行き届いている物件だと理解していいでしょう。

賃貸物件の管理費のことを知ろう

賃貸物件における家賃の管理費についてご紹介しました。 管理費に限らず、不動産業界では一般の人にわからない業界用語があふれています。 ぜひ、正しい知識を身につけて、かしこい物件選びをしてくださいね。

家関連情報(外部サイト)