東向きのメリット・デメリットとは。朝型な人には最適の向き

新しい住居を検討する際に、日当たりを重視する人も多いのではないでしょうか?日本では南向きが人気ですが、生活環境によって最適な間取りは変わるもの。 今回はその中でも東向きのメリットデメリットをご紹介します。

1.朝日が差し込みやすい

東向きの最大の魅力は朝日を部屋の中に取り込むことができることです。 太陽の光には体内時計をリセットする役割もあるので、朝日を浴びることで体内サイクルが整いやすくスッキリと目覚めることができます。 また、太陽の光を浴びることでストレスも緩和されやすくなるので一日を気持ちよくスタートさせることができます。 日差しを浴びることでメリハリがつくので一日のサイクルを作りやすいのも特徴です。 規則正しい生活をしたい人にとっては過ごしやすい環境といえます。 また冬場は朝のうちに日が入り込むので寝起きの寒さが和らぎやすくなります。

2.夏場は比較的涼しく過ごせる

南向きや西向きのように強い日差しが入らないので、日中の気温の上昇が抑えられ夏場は比較的涼しく過ごすことができます。 部屋の中の気温が上がりにくいので、キッチンなどにある食材が長持ちしやすくなります。 高性能な住宅が増えてはいるものの、夏場の気温上昇は窓から入る太陽の光の影響がほとんどです。 断熱性能の高い住宅では一度部屋の中が温まってしまうと気温を下げにくくなるので暖めない東向きは快適な気温を保ちやすいといえます。 また、日差しの影響で家具やフローリングが日焼けするといった影響も受けにくいので模様替えの際に「ラグの部分だけ色が違う」といったことも起こりにくくなります。 最近人気の無垢フローリングは特に日焼けしやすいので注意が必要です。 お気に入りの家具が日差しの影響で傷むのを防げるのは嬉しいですね。

3.南向きに比べ価格が抑えられる

なんといっても人気の南向きはどうしても価格が高くなりがちです。 同じマンション内でも南向きとその他の部屋では価格に差がでる傾向にあります。 また人気があるため物件数が少なかったり、検討期間が短くなってしまったりする場合もあるので注意が必要です。 その点、東向きは南向きに次いで人気がありますが価格が抑えられています。 また、物件数も多くなるので立地や価格、間取りなど色々検討したい方にはピッタリです。 賃貸の場合で月に数千円~数万円、分譲の場合であれば数百万円の差が出ることもあるので予算を押さえて検討したいという場合にも対応可能でしょう。

4.子育てに向いている

朝日で目覚めて、保育園や学校から帰る頃には日差しが安定している東向きの部屋は子供部屋に向いています。 朝の準備の時間には日差しをたっぷり浴びることができるので、体内サイクルを整えやすく「朝起きる」という習慣が身につきやすくなります。 また午後の時間に大きな日照の変化がないので学習に集中しやすいのも特徴です。 間取りによって子供部屋を東向きに出来ない場合は、勉強はリビングでするなどの工夫も良いでしょう。 部屋の中は午前中が一番明るくなるので、特に長期休暇など、休日は勉強する時間帯を午前中に設定しやすくなります。

5.光熱費がかかる

夏場は日中の気温上昇を抑えられる東向きの部屋ですが、午後になると日差しが入り込まなくなるのでどうしても暗くなりがちです。 そのため、早ければお昼過ぎには照明をつけないといけないということもあります。 冬場になると部屋の中に日差しが届くのが朝の1~2時間程度という場合もあり、太陽の光で部屋を温めることが難しくなるため暖房器具を使う時間も自然と長くなってしまいます。 特に1日中家の中で過ごす場合にはその大半の時間を照明と暖房器具に頼らなければいけなくなるので南向きや西向きに較べて光熱費が高くなる傾向があります。

6.植物が育ちにくい

ベランダで家庭菜園やガーデニングを楽しみたいという人もいらっしゃるでしょう。 東向きのベランダでは、朝日を浴びさせることはできるものの日中の日差しを浴びさせることは難しいため、強い日差しを必要とする植物は育ちにくい場合があります。 特に冬場は日照時間が短く、日光も弱くなるため植物の生育が遅くなりがちです。 部屋の中に光が差し込む時間も短くなるためどうしても暗い印象を持たれるかもしれませんが、朝起きて夕方に帰宅するという場合にはそれほど生活に影響を与えることはないのであまり気にする必要はないかもしれません。

東向きの部屋のメリットとデメリットを知っておこう

東向きのお部屋は早起きが得意な人や、朝から活発に活動する人に最適です。

逆にどうしても夜型のサイクルになってしまう人や朝はゆっくり過ごしたい人にとってはあまり魅力的ではないかもしれません。 周りの環境によっても日当たりは大きく変わってきます。 見学の際には朝と夕方の2回足を運ぶなどして実際の日当たりを確認するのもオススメです。 自分の生活サイクルと照らし合わせながら最適なお部屋探しをしましょう。

家関連情報(外部サイト)