団地に住むメリットとは。URなどに住む理由を知ろう

皆さんは団地と聞くと、どんなイメージを持たれるでしょう。 古い建物や、昭和の集合住宅、お年寄りばかりなイメージがあり、あまり良い印象はないかもしれません。 しかし最近では敢えて団地住まいを選ぶ人が増えてきている事をご存知でしょうか。 団地にはマンションや一戸建てにはない、知られざる魅力が沢山あります。 ここではそんな団地の魅力を知って貰うために、団地に住む事のメリットをご紹介します。

1.礼金仲介手数料なし

団地に住む事の最大のメリットと言えば、これでしょう。 代表的なUR等の団地は礼金は元より、何年住んでも家賃の更新はありません。 また不動産から申し込んでも、URの営業センターから申し込んでも、仲介手数料は一切掛からないのです。 敷金に関しては、家賃の2ヶ月分が必要となってきますが、その他は日割り家賃と公益費のみと、普通のマンションやアパートに比べて初期費用がとても安く済みます。 引っ越しは初期費用だけでもかなり掛かりますので、団地はかなりお得と言えるでしょう。

2.保証人なし

身寄りのない方や、自営業の方が賃貸を借りる際に恐らく最も悩むであろう事がこの「保証人」です。 しかし普通のマンションやアパートと違って、団地に住むのに保証人は必要ありませんし、期間保障なども不要です。 基本的に入居条件さえ満たせば誰でも入居できます。 団地の入居条件は収入に基づいて決められており、夫婦での入居ならば月収の合計が家賃の4倍以上、単身入居ならば月収25万円以上の収入を得ていれば入居可能です。 また一度入居出来れば、滅多な事で退去させられる事はありませんし、健康であれば、民間では断られ易い60歳以上の方でも入居できます。 その他にも、固定収入が無くても貯蓄額によって入居が可能になる場合もありますので、仕事を辞めて収入が無い方や、フリーランスで月の収入にムラがある方にもオススメです。

3.安全で子育てに良い環境

場所にもよりますが、団地は基本的に緑地が多い場所に建てられます。 その為子供の遊び場が多く、子育てにピッタリの生活環境ですので、世帯での入居に向きます。 また住居の専有面積も民間に比べて広く、駐車場なども多いので、のびのびと暮らす事が出来るのも魅力の1つです。 治安に関しても、自治体などの団体がしっかりしていますし、管理体制も細分化されているので、安心して暮らせる環境にあります。 最近では高齢化問題にも着目している団地も多いので、入居条件の良さと相まって高齢者の方も住みやすいでしょう。 子供からお年寄りまで幅広い年齢の方が住んでいますので、昔ながらの広いコミュニティの中で子供を育てていけるのもまた、団地ならではの魅力でしょう。

4.学生やルームシェアでの入居が可能

普通のマンションやアパートだと、ルームシェア向けの物件は少ないですし、あっても審査が厳しく、ハードルも高い事が多いです。 しかし最近ではルームシェア向けの団地が増えてきている事をご存知でしょうか。 上記した様に団地は住居の専有面積が広く、部屋数の多い物件も多数あり、審査も厳しくありませんからルームシェアにはうってつけです。 他にも「URライト」と呼ばれる2~3年程の定期賃貸の団地がありますが、こちらは都心に近く、家賃も安いので、学生や単身赴任の方にオススメ出来ます。 団地は学生の様に、収入が無くても入居は可能ですので、最近では学生も住むようになってきています。 学生が団地に入居する場合は、契約をする親権者が入居条件を満たしていれば入居可能です。

5.賃貸なのにカスタマイズ出来る

賃貸住宅は借りているものですから、当然部屋を勝手にカスタマイズする事は出来ません。 しかし最近では賃貸でも、自分好みにカスタマイズ出来る「DIY住宅」が増えてきています。 世間のDIY熱の高まりで人気を博しているこの「DIY住宅」は、壁紙の張替はもちろん、板を張って壁を塗る、床の張替や棚を取り付けるなどの簡単なものから、キッチンや浴槽の取り換えまで出来ると言う今までにない団地で、若者たちの間で人気急上昇だと言います。 和室を洋室に変えたり、釘打ちも可能ですので、自分好みのオリジナルの部屋を作ってみるのも楽しいでしょう。

団地に住むメリットを知ろう

この他にも、団地には「家賃を年単位で一括支払いできる」「セカンドハウスとして借りる事が出来る」など、沢山のメリットに溢れています。 しかしその中で一番のメリットと呼べるのが「昔ながらの幅広いコミュニティを築ける」事ではないでしょうか。 子供からお年寄りまで、幅広い年齢層の方が暮らす団地は、昔ながらの密接なコミュニティが発生し易く、頼りになるご近所さんを得やすいという特色があります。 最近ではご近所付き合いもめっきり減ってきていて、ドライな関係が多いですが、団地には昔ながらの温かい人間関係が未だ残っています。 鍵を掛けずに近所に遊びに行く、隣近所に子供を預ける等、昔見た光景をもう一度体感できるかもしれません。

家関連情報(外部サイト)